HOME>記事一覧>視野が欠けていると感じるなら病気の可能性があるのでドクターに診てもらおう

視野が欠けていると感じたのなら

医者

緑内障は視野が少しずつ欠けていく病気なので、もしも見えない部分があるというのなら、眼科を訪れて診察してもらいましょう。なお、ネットには緑内障用の自己チェック用のコンテンツがあるため、そちらをやってみて大丈夫なら、ドクターに見てもらう必要はないと感じるかもしれません。しかし、その結果が大丈夫だったとしても、疑いを晴らすことはできないため、必ず眼科を訪れるべきです。

検査は難しくはない

視力検査

眼科を訪れると、眼圧検査や眼底検査が行われて、緑内障の疑いがあるかどうか調べてもらえます。もしも、疑いが濃厚だというのなら、視野検査を提案されるので、事実を知るために受けるようにしましょう。視野検査をしなければ、視野がどのくらい欠けているのか分からないため、拒否してもよいことはまったくありません。そして、視野に問題がなければそのまま帰ることができて、もしも欠けがあったのなら、すぐに治療が開始されるので安心しましょう。たいていの場合は、目薬を処方されて、それを毎日差すだけでよいので、それほど難しい治療方法ではありません。ちなみに、初診で訪れた場合、視野検査は別の日になる可能性があるため、後々のスケジュールも確認してから眼科にいきましょう。

広告募集中