HOME>アーカイブ>緑内障は早期発見がカギ!緑内障チェックガイド

まずは検査で症状をチェックしましょう

緑内障の診断は眼圧や眼底測定が必要です。40歳を過ぎたら年に一度は眼圧チェックをしましょう。検査による症状チェックが大切です。

緑内障の治療方法

緑内障は完治しない病気

緑内障は視神経に障害が出る病気なので、一度傷ついた視神経は元に戻りません。

点眼薬を使った治療が第一選択

まずは眼圧を下げるための目薬を点眼して様子を見ます。眼圧に影響がないタイプの緑内障でも第一選択です。

レーザー療法による治療

進行が見られた場合はレーザーを照射するか手術で、眼圧上昇の原因となる線維柱帯の一部を切除します。

定期的な検査も大切です。

進行を確認するために、定期的な検査も治療のひとつです。

治療の基本は眼圧を下げること

治療の柱は、眼圧を下げること・眼圧を上げないこととなります。

自己チェックは危険

女医

緑内障で視野が欠けたとしても、脳がその部分を補正してくれるため、初期の段階では自己チェックが難しいです。もしも、緑内障を疑っているのなら、ネット上にある自己チェック方法を使うのではなく、眼科を訪れてしっかりと検査してもらいましょう。

治療をしてくれる眼科へ

視力検査

日本にはたくさんの眼科がありますが、中には検査器具をほとんど用意していないところもあります。そのため、ショッピングモールに組み込まれているような、小さな眼科では検査してもらえない可能性があるので気をつけましょう。確実に検査してもらいたいのなら、眼科のある病院やクリニックに電話をかけて聞いてしまうのが一番です。ただし、緑内障の治療で有名な医療施設の場合は、検査まで時間がかかるので、いつ診てもらえるのかも聞いてみましょう。

通いやすいところを選ぼう

看護師

緑内障を治療してくれる眼科はたくさんあるので、周りになくて困ってしまうことは少なく、逆に多すぎて通うところの選定に迷ってしまうかもしれません。そのときは、長年診察を受け続けることを考えて、通いやすい立地にある眼科を選ぶことをおすすめします。緑内障になった場合は、目薬を差し続けなければいけないため、数ヶ月に一度は必ず眼科にいかなければいけません。そのため、通いにくい眼科を選んでしまうと、目薬をもらうのに手間がかかってしまうので気をつけましょう。

広告募集中